目指すはスローライフ

研究職の夫と医療職の妻のブログ。良質な生活を追い求める理系健康オタク夫婦の日々。

目指すはスローライフ

【実体験】遠距離恋愛で喧嘩を減らす6つの方法!

 f:id:mezasuhaslowlife:20190226124837j:plain

 

「普段会えない分、会えた時はひときわうれしい」

 

そんな遠距離恋愛ですが、実際はいつ喧嘩が起きてもおかしくない一触即発状態。

私たち夫婦は約1年間の遠距離恋愛を経て結婚し、結婚後も遠距離生活というなんとも悲しい経歴を持っています。

その間に喧嘩をした数は星の数ほど。

でも現在はめったに喧嘩しなくなりました。毎週、ひどい時は毎日喧嘩していた私たちが数か月に一度喧嘩をするようになったのはちょうどいい距離感を見つけたから。

 

今日は私たち夫婦が遠距離生活で喧嘩を減らすために実践した方法をお伝えしていきます。

 

 

なぜ遠距離だと喧嘩が増えるのか

f:id:mezasuhaslowlife:20190226130215j:plain

 

そもそもなぜ遠距離恋愛だと喧嘩が増えてしまうのでしょうか?

これを考えることで根本的解決する上で大事なことが見えてくるかもしれません。

私たち夫婦の場合は、

  1. さみしい
  2. 頑張らなきゃいけないことに不満

この二つが喧嘩の根本原因でした。

 

さみしい感情が大きくなってしまうと、構ってほしいという身勝手な思いに変わってしまいます。

「何で連絡返してくれないの?」

「何で今週は会えないの?」

相手を責めることばかり頭の中に広がってしまい、これでは喧嘩が絶えないのも頷けます。

遠距離恋愛における喧嘩原因のほとんどが「寂しさ」からくるものです。

 

二つ目の「頑張らなきゃいけないことに不満」ですが、遠距離恋愛だと会いに行ったり、こまめに連絡したりと通常と比べ頑張らなければいけないことが増えてしまいます。

これを心のどこかで不満に思っていると、「寂しさ」と相まって相手に攻撃的な発言をしてしまい易くなります。

 

それでは一体どうすれば、「寂しさ」や「不満」がなくなるのでしょうか?

ここからは具体的な対策をお伝えします。

 

1.平日はお互い干渉しない

「寂しさ」をなくすために平日はお互いやりたいことや没頭できる何かを見つけて、お互いにあまり干渉しないようにしましょう。

 

最初は距離感が開いてしまうことに不安を覚えるかもしれませんが、これが一番大切なことなので、ぐっと我慢してやり遂げて下さい。

平日の時間は自分のために時間を使うことで、恋愛中心となっている生活から脱却できます。

 

2.毎日電話はNG

f:id:mezasuhaslowlife:20190226130204j:plain

 

遠距離恋愛でやりがちな毎日電話は今すぐやめましょう。

1と近いですが、距離感が近すぎると喧嘩になりやすくなります。

また毎日電話しなければいけないとなると、長くて1時間くらい時間が割かれてしまいます。

最初は楽しいかもしれませんが、次第にどちらかが、あるいは両方が重荷に感じてきます。本来二人の関係を良好にするために行って電話が二人の仲を引き裂く可能性があります。

実際私たち夫婦は電話をする日に限って大げんかをすることに気が付き、寂しい気持ちを我慢して電話をするのをやめたら、喧嘩の回数がぐっと減りました。

べったりだった距離感から、ちょうどいい距離感を作ることで自然と寂しい気持ちも収まり「電話しないと!」って気持ちがなくなりました。

 

 

ここまでは距離感を作ることを説明してきましたが、ここからはちょうどいい距離感を作る方法を説明していきます。

 

3.朝・(昼)・寝る前は必ず連絡する

毎日決まったタイミングで連絡することを心がけて下さい。

電話をしない代わりに毎日メール等で連絡を取るようにして下さい。

更に決まったタイミングで連絡しあうことで、「相手からの連絡がいつくるんだろう」って不安な気持ちを持つことがなくなります。

 

私たち夫婦は毎朝出勤時間帯に

「おはよう。今日はいい天気だね。お互い一日頑張りましょう!」

なんてメールを送りあっています。

 

昼は仕事の都合で連絡が取れないことが多くなってしまいましたが以前は

「午前お疲れ様。お昼は社食でハンバーグ食べました。今日は忙しいから定時で上がれなそう。午後も頑張ろうね」

という感じ。

 

次は退社後に帰り道で連絡を取ります。

「お先に仕事あがりました!一日お疲れー!今日はまっすぐ家帰ってご飯作ります。」

 

最後は寝る前に

「今日は会社で○○があったんだ。面白くて見せたかったよ。今週末はどこか行きたいところはある?」

「・・・」

「おやすみなさい。ゆっくり休んでね。愛してるよー!」

といったやり取りをしています。

 

実はこの具体例の中にも私たち夫婦の工夫があります。

朝・昼・退社後はほとんど一方的な報告で、寝る前だけお互いに会話をしています。

こうすることで忙しい時間は負担を減らし、寝る前の時間がある時に話したいことをしっかり話すことができます。

 

  • 朝:おはようと簡単な報告
  • 昼:お疲れ様と簡単な報告
  • 退社後:お疲れ様と簡単な報告
  • 就寝前:話したいこととおやすみ

 

4.休日は極力会いに行く

f:id:mezasuhaslowlife:20190226130212j:plain

 

遠距離恋愛において会いに行くことはお金も時間もかかってしまいますが、それでも出来る限り会いに行きましょう。

人間はずっと会っていない人を思い続けることは難しいです。逆に毎日良く会う・話す人とは恋愛関係に発展しやすいという報告もあるほどです。

大切な人を手放したくなければ、お金と時間がかかっても会いに行きましょう!

毎週が無理なら、隔週や3週間に一回でも。ひと月以上空いてしまうのは好ましくありません。

 

5.会いに行くときはお互い頑張る

f:id:mezasuhaslowlife:20190226130200j:plain

 

会いに行くときはお互い努力しましょう。

どういうこと?と思う方も多いと思いますが、遠距離の移動は単なる時間以上に労力を使います。

私は車や新幹線での移動で会いに行きますが、高速をブッ飛ばして運転したり、乗り換え4回にもおよぶ電車移動を行うと大体疲労困憊です。

いつも片方が会いに行っていると不満が溜まりやすくなります。

我が家は夫ぴーすけが主に移動していますが、妻ちゃーすけが自宅でご飯を作って待つことでいいバランスを保っています。

また妻ちゃーすけも二か月に一回程度は夫ぴーすけに会いに行くことにしています。

交互に会いに行ったり、相手が移動中にご飯を作ってあげるなどお互い努力することで大変さを共有しましょう。

 

6.会った時は愛情表現をしっかりする

f:id:mezasuhaslowlife:20190226125951j:plain

 

最後になりますが、会えた時はしっかりと愛情表現をして下さい!

普段会えない寂しさを晴らすためにラブラブなひと時を過ごすことで、次会える時までの充電をしましょう。

私たち夫婦は久々に会ったら、いつも大げさに抱きしめあうことにしています。

自然と二人が笑顔になりますし、おすすめですよ!笑

 

最後に

遠距離恋愛だからこそ、距離感をなくしたいと頑張って連絡を取ってしまいがちです。

でも2人にとってそれは本当に居心地のいい距離感でしょうか?

お互いに不満を持たないで楽しく連絡を取れるそんな距離感をぜひ見つけてください。また恋愛一本にならず自分のために時間を作りましょう。

 

そして何より会う機会をたくさん作ってください。

お金や時間はかかりますが、2人が長く続くためには電話やメールではなく会うことが1番大切です。

 

どうか皆さんの遠距離恋愛が上手くいきますように。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではまた!

 

 

www.slooowlife.com

www.slooowlife.com

www.slooowlife.com

www.slooowlife.com

www.slooowlife.com